車買取り時に注意すべきこと

車買取り時に注意すべきこと

車買取り時に注意すべきことと言えば、売買契約書はしっかり確認することです。

 

重要なのは売買契約書で、容易に署名、捺印してはいけません。契約内容を十分に理解した上で、納得してから署名、捺印しないといけません。また、車買取り時には、正しく申告しなければいけません。

 

買取価格は、売主からの車両状態などの申告を信じて確定しているからです。契約時と相違があった場合、買取価格が減額される場合があります。最悪の場合、売買契約自体破棄される恐れがあり、損害賠償請求されることもあります。メーター交換やメーター戻しなどの不正を働き、走行距離が実走行ではないと判明した場合でも、買取価格の減額対象になります。車買取り時には、絶対に不正な行為はしないことです。そして、車買取り時には、税金についても注意しておかなくてはなりません。自動車税には還付があります。

 

自動車税は、所有している月までが前所有車の負担となり、未経過分の自動車税があります。ただ、自動車税の取扱方法は都道府県で統一されておらず、買取価格に含めて処理する買取業者が多い傾向にあります。同じ買取価格でも、買取価格に含む業者と、そうでない業者では実質買取価格が大きく違ってくるので、よく確認する必要があります。