車買取 キャンセル

車買取 契約後キャンセルについて

車買取の契約後のキャンセルは果たして可能なのでしょうか。
基本的にはルール違反になります。買取契約をした後、買取店はすぐにオークションへの出品や店頭での販売準備に取りかかるので、キャンセルされると大きな損害を被ることになります。そのため、車買取の契約後にキャンセルをした人に対しては、キャンセル料が科されることになります。

 

買取契約後にキャンセルすると、トラブルの元になるので注意しなければなりません。キャンセルした場合、車買取業者からは、キャンセル料としてかなり高い金額を請求される場合があります。中古車の売却の際のキャンセル料のトラブルは後を絶たず、苦情処理が相次いでいます。

 

ただ、法的には、契約書を取り交わしただけではキャンセル料金の請求はできないことになっています。いずれにせよ、愛車を売却する際には、後でキャンセルしないよう、もう一度、本当に車を手放したいのかをじっくり検討する必要があります。一般社団法人日本自動車流通研究会JADRIに加盟している車買取業者に依頼すれば、車買取の契約直後で手続きがまだ行われていない場合なら、キャンセル料を請求されることはありません。